褐色脂肪細胞を利用する

2014.3.26|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

体の脂肪を燃焼しやすくする方法に、褐色脂肪細胞を利用する方法がありす。

 

この細胞は脂肪を燃焼する効果があり、この細胞の働きがよくなることで、体の脂

 

肪が燃えやすい体になります。この細胞は、首や肩甲骨などに多くある細胞で、

 

特に肩甲骨周りには多くあります。この肩甲骨のストレッチをするだけでも、

 

褐色細胞に刺激を与えて脂肪が燃えやすい体になります。

 

また、この細胞の働きを良くする方法に、温冷シャワーを浴びる方法があります。

 

 

この方法は、熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びる方法で、この細胞が多くある、首筋や肩甲骨に交互にシャワーを浴びることで、細胞を活性化させる方法です。温度は人により個人差がありますが、熱いシャワーは43度前後、冷たいシャワーは19度前後を目安に行ってください。あまり冷たいシャワーを浴びると、血圧の上昇にもつながりますので注意が必要です。特に冬場の入浴は血圧が上昇しやすいので、しっかりと体を温めてから行ってください。やり方としては、熱いシャワーを首筋や肩甲骨に20秒、冷たいシャワーを首筋や肩甲骨に20秒と交互に浴びます。毎日の入浴の時に、この方法を続けるだけで脂肪を燃えやすい体になることができます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。