睡眠時間をしっかりとる

2014.3.26|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

日中は様々な人間関係や仕事に追われてようやく一息入れられるのは夜のみ。

夜こそ自分の時間!と夜更かししてテレビはスマホに入れあげていませんか?

自分のための時間のつもりでこんな生活を続けていると、知らない間に体が劣化

し、脂肪が付きやすく不健康な体をつくってしまうことをご存知でしょうか?

人間にとって睡眠はとても重要です。なぜ重要かは完璧に解明されていないもの

の、少しづつわかってきているのです。まず、睡眠中、特に眠り始めて3時間

くらいは成長ホルモンが活発に分泌されます。

 

成長ホルモンは細胞修復ホルモンでもあります。

 

 

日中のストレスや暴飲暴食、病気などで傷ついた細胞を修復したり、また修復不可能な細胞を排除したりするためにはこのホルモンが欠かせないのです。睡眠時間が減ったり、良質の睡眠をとれなかったりすると成長ホルモンがうまく分泌されなくなり、その結果、体中の細胞は劣化したものばかりになって青息吐息状態になってしまいます。人間の体は細胞が集まって出来ているのですから、当然のように心身のバランスが崩れてきてしまいます。また、劣化した細胞はデトックス機能ももちろん落ちるので脂肪分解がうまくできずに太りやすい体質になるとも言われています。テレビやスマホがストレス解消になることもありますが、自分の体をいたわる意味で睡眠時間を確保することも大切です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。