食べ方に注意

2014.3.26|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

日頃、忙しくてランチをゆっくりと食べる時間がとれない、

早食いになりやすいという

方は、その生活習慣から自然と太りやすい体質になってしまいます。

特に時間がないときほど、手軽に摂りやすい丼ものやパスタ、ラーメンなどの一品

完結型のメニューを選びがちです。しかし、そういったメニューでは、内容が炭水

化物と肉類などの脂質にのみ偏ってしまい、空腹時に一気に摂ることで体に

脂肪が蓄積されやすくなるのです。たとえば丼ものを選ぶのであれば、そこにサラ

ダとスープをプラスすることで、野菜不足を補い、さらに食べる順序をつくることで

改善されます。まずはスープを食べることで胃を温め、次にサラダの野菜を先に

食べることで、メインの炭水化物、脂質の吸収が穏やかになります。

 

 

空腹時、いきなり大量に食べると、胃にも負担がかかりますし、急激な血糖値の上昇で体内に脂肪が蓄積されやすくなります。早食いになりやすいという方は、噛む回数が少ないため消化器官に負担をかけるだけでなく、満腹中枢が刺激されにくいので食後に間食もしがちです。まずは、ゆっくりと食事を摂る時間を確保し、食事の内容や順番、噛む回数にも気をつけて、生活習慣の改善をはかることが大切です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。